座り続ける生活で寿命が縮む

 

座ることは、身体にとっては、とてもリスクがあるのをご存知でしょうか?

 

立っているよりも座っている方が、身体には負担がかかる・・・

座ることには、とてもリスクがある!!というショッキングな研究結果があります。今回は、その記事を紹介します。アメリカの「Medical Billing and Coding」というサイトに掲載された「Sitting is Killing You 」という記事です。

ネット上ではかなり話題になったので、ご存じの方もいるかもしれません。


 

これによると、一日に6時間座る生活をしている人は、一日に三時間座る生活の人と比べると、十五年後の死亡率が四○%も増えるとのこと。

しかも、これは日常的に運動をする習慣がある人のなかで比べた結果だというのです。

同様の調査結果は年々増えてきています。座ることが私たちにもたらす影響はすごいものです。

 


現代人の生活はというと、一日八時間パソコンの前に座り続けることなどは珍しくもありません。

はっきりいって、座っている時間が起きている時間の大半を占めるのです。

 

立って歩くように作られている人間が、座ったまま長時間を過ごせばどうなるか?

無理な身体の使い方をすれば、不調が出てくるのは当然です。座っていると、身体に負担がかかり、身体が悪くなるのです・・

長い時間座っていることで、身体にかかった重力は腰の椎間板や関節・筋肉その他の組織に負担をかけます。

そして身体をゆがまてしまいます。

 

座って長時間の作業をすることは、さまざまな症状や障害 を引き起こしてしまうのです。

ちなみに私の記憶では、座り姿勢が原因と見られる症状によって来院される患者さんが増加しはじめたのは

一九九五年に「ウィンドウズ」が発売にな り、パソコンが爆発的に使われるようになってからです。

その後、パソコンの利用時間の増加に正比例して座り姿勢でいる時間も増え続けているのは、みなさんも実感されていることでしょう

 

チェック結果はどうだったでしょうか?項目にたくさん当てはまってしまった方は、ストレートネックにならないように注意してください。

 

   
 

一九九五年に「ウィンドウズ」が発売にな り、パソコンが爆発的に

使われるようになってから、首や肩・身体に不調をきたす人が増えています。

長時間の座り姿勢は、身体に負担をかけていることを

ぜひ覚えておいてください。

 

<< ストレートネック トップへ戻る

 

ストレートネックについて知る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カイロプラクティックはじめての方へ カイロプラクティック治療の理念について カイロプラクティック患者様の声 アクセス マスコミ掲載

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

動画で紹介

料金について

よくある質問

アクセス

お問い合わせ

【知る】

KIZUカイロプラクティックとは

動画で紹介

院長より挨拶

 

【実績】

患者様の声

書籍の紹介

出版協力

取材協力

 

 

【グループ】

日本橋メイン

二子玉川

日本橋アネックス

 

 

 

フェイスブック

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-6第2中央ビル2F 03-3272-1939 月〜金 10:00〜20:00 土日 10:00〜17:00 祝日休診