身体にとっては今座っているよりも立っているほうがマシ

 

座っている方が、身体はきつい理由とは?

衝撃的な事実かもしれませんが、人間の身体にとっては、座っているよりも立っているほうがマシなのです。

ご存知だったでしょうか?

人間の身体は「座り姿勢に向いていない」のです。ゆえに長時間、座るようにできていません。

このことは、データを見ればすぐにわかります。

下の図を見てください。これは、姿勢による椎間板(ついかんばん)にかかる負担の変化を、 直立しているときを一○○として数値化したものです。

 

 

 

※椎間板は、腰のあたりにあるホネとホネの間にある、クッションのことです。

 

● 仰向けに寝る 25
● 横向きに寝る恥 75
● 直立 100
● 立って前かがみ150
● 座る 140
● 座って前かがみ 185

 

これを見て意外に思われるかもしれません。実は、立っているときよりも座 っているときのほうが椎間板への負担は大きいのです。

一般に、「立ち仕事」といえば身体的にハードな仕事の代名詞になっていま す。当然立っているよりは座っているほうがラクであり、身体への負担も少な いと思っていた方が多いでしょう。

しかし椎間板への負担を計測し、数値化し てみると、身体にとって本当につらい姿勢は座り姿勢であることがわかります。

 

また、ここで特に注目してほしいのは

座って前かがみの姿勢をしているとき・・・、まさしくパソコン作業をしているときの姿勢は椎間板への負担は最高になっています。直立しているときの倍近い負担がかかっているということです。

 

 

 

立っている時よりもパソコンをしている時方が、身体に負担がかかる

 

という衝撃の事実がわかっていただけた・・・と思います。オフィスワーカーの方で、首や肩がこる。など症状がある方。ぜひ座り姿勢を気を付けるようにしてください。あなたの座り方が、首や腰、身体全体に負担をかけている可能性があります。

 

   
 

人間の身体にとっては、立っている姿勢の方が、座っているよりも楽なのです。

ちょっと意外かもしれませんが、これが事実です。

パソコンを長時間つかう場合は、ぜひ座り方などにも注意してみてください!!

 

<< ストレートネック トップへ戻る

 

 

カイロプラクティックはじめての方へ カイロプラクティック治療の理念について カイロプラクティック患者様の声 アクセス マスコミ掲載

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

動画で紹介

料金について

よくある質問

アクセス

お問い合わせ

【知る】

KIZUカイロプラクティックとは

動画で紹介

院長より挨拶

 

【実績】

患者様の声

書籍の紹介

出版協力

取材協力

 

 

【グループ】

日本橋メイン

二子玉川

日本橋アネックス

 

 

 

フェイスブック

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-6第2中央ビル2F 03-3272-1939 月〜金 10:00〜20:00 土日 10:00〜17:00 祝日休診