ヒトの身体は「長時間座り続ける」ように作られていない

 

ヒトの身体は「長時間座り続ける」ように作られていない事をご存知でしょうか?

座り姿勢は、実は、さまざまな痛み・不調の原因となっています。

しかし、 なぜ、座り続けることが健康を害するのでしょうか。そのポイントは重力にあります。

 

photo by 愉快な宇宙旅行

 

私たちが生きている地球上には重力があります。この重力は身体に対して良 い影響と悪い影響を及ぼしています。

まず、良い影響は筋力を保ってくれていることです。

重力がないと筋肉や関節機能の低下が起きます。宇宙飛行士が無重力の宇宙から帰還すると、しばらくの 間、足腰が立たなくなるという話を聞いたことがあるでしょう。

 

2012年の11月に四カ月の宇宙滞在から帰還した宇宙飛行士の「星出彰彦さん」も、帰還後は約一カ月半の予定で筋力トレーニングなどの「リハビリ」を 受けたといいます。

重力があるからこそ、私たちは健康でいられるし、ざまざまな運動能力を維持できているということがわかります。

 

 

人はなぜ眠るのでしょうか?

 

重力の悪い影響のほうは、重力により身体の組織に負荷をかけてしまうことです。

ここでいう組織とは、関節・筋肉・内臓組織などを指しています。
重力の下で普通に生活しているだけで、全身の筋肉、足腰などの関節には重 みがかかっていて、大げさにいうならば常に傷めつけられている状態にありま す。

その結果が高齢者に多い、ひざや股関節の変形性関節症だったりするので
す。 内臓も同じで、内臓自体の重みで下にいったり、筋肉やほかの臓器によって上下してしまいます。

 

寝る

 

そこで、重力から全身の組織を解放し、回復させるために、人間には休息が 必要になります

 

それが就寝の姿勢です。身体を横たえることで、筋肉や関 節、内臓などの組織がずっとのしかかっていた重力から解放されるのです。睡 眠にはこうした役割があるからこそ、睡眠時間が短かったときや徹夜明けには 誰しも「しんどいな」と感じるわけです。
また、椎間板への圧の変化により、身長も夜より朝のほうが高くなります。

人間は、はるか昔から野山を駆け巡って食料を採集したり、獲物を追って移動したりして、動きながら生活してきました。

そして、疲れて休むと、「寝ること」だったのです。
では、座ることはどう位置づけられるかといえば、おそらく身体の動作の一つ、動きまわるなかで一時的にとることもある姿勢、といったものだったと考えられます。 つまり、身体は長時間座り続けるようには作られていないのです。

 

<< トップへ戻る

 

ストレートネックについて知る

 

 

 

 

 

 

 

 

カイロプラクティックはじめての方へ カイロプラクティック治療の理念について カイロプラクティック患者様の声 アクセス マスコミ掲載

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

動画で紹介

料金について

よくある質問

アクセス

お問い合わせ

【知る】

KIZUカイロプラクティックとは

動画で紹介

院長より挨拶

 

【実績】

患者様の声

書籍の紹介

出版協力

取材協力

 

 

【グループ】

日本橋メイン

二子玉川

日本橋アネックス

 

 

 

フェイスブック

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-6第2中央ビル2F 03-3272-1939 月〜金 10:00〜20:00 土日 10:00〜17:00 祝日休診