座る姿勢にも注意しよう

 

座る姿勢が悪いと、身体に負担がかかる

 

立っている時よりも、座っている時の方が、椎間板に負担がかかります。では、実際にどれくらい負担がかかるのか?ちょっとだけ知ってみましょう。

 

 

まず、イラストのように大胆に猫背にしてみましょう!

その時、腰あたりの背骨に手を当てて背骨が丸まっているはずです。次に、腰をできるだけ反って「反り腰」にしてみましょう!

思いきって、そってください。

手を背骨に当てると、腰骨が中に入っていく感じがわかると思います。

 

この状態をわかりやすくすると、以下のような感じです。

 

 

まん中にある黄色いスポンジが椎間板です。

正しい姿勢(背骨のカーブ)は、そのおもっきり反った状態から、少しずつ緩めていき猫背と反り腰の中間で止めます。

これを下の写真のように足を大きく開いて行うと骨盤が立った感覚になります。

 

猫背の椎間板

 

 

そり腰の時の椎間板

 

どちらの姿勢も、正常な姿勢にくらべて、椎間板(ついかんばん)に負担がかかっています。

この状態が続くと、身体に負担がかかります。

 

 

   
 

猫背も、そり腰も身体に負担がかかります。

椎間板に負担をかけないためには、よい座り方について知ってください。

KIZUカイロプラクティックでは、「パワーハウス座り」を提唱しています。

 

<< ストレートネック トップへ戻る

 

ストレートネックについて知る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カイロプラクティックはじめての方へ カイロプラクティック治療の理念について カイロプラクティック患者様の声 アクセス マスコミ掲載

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

動画で紹介

料金について

よくある質問

アクセス

お問い合わせ

【知る】

KIZUカイロプラクティックとは

動画で紹介

院長より挨拶

 

【実績】

患者様の声

書籍の紹介

出版協力

取材協力

 

 

【グループ】

日本橋メイン

二子玉川

日本橋アネックス

 

 

 

フェイスブック

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-6第2中央ビル2F 03-3272-1939 月〜金 10:00〜20:00 土日 10:00〜17:00 祝日休診