ストレートネック研究

 

 

脳神経外科での研究成果について

 

2016年9月にスタート開始した脳神経外科(府中:寿町クリニック) での頭痛外来での施術ですが、

1年間非常勤として勤務させて頂き、来院され頭痛の訴える方の多くは、

数字には出していませんがかなりの確率で

頚椎は「ストレートネックもしくは逆カーブ」になっています。

そして、それらの患者さんへのカイロプラクティック施術での効果は

徐々にではありますが、成果が出てきています。

機能的な改善(頭痛などの症状の改善)はもちろんのこと レントゲン像での変化も確認できる方も出てきました。

 

 

上画像は、50代の女性の頭痛と頚部痛のある 50代の女性のレントゲン側方像での2ヶ月後の変化です。

頭痛や頚部痛の改善とともにレントゲン像での ストレートネック(逆カーブ)な状態が改善してることが確認できます。

赤矢印の部分:頚椎4番と5番の配列が改善しています。

この画像に胸鎖乳突筋のイメージを合成してみます。

 

 

すると施術前のストレートネック状態の時にこの筋肉が 頚椎に対して、上下に潰して、関節間が詰まる方向にさせていることが 見てとれます。

あくまで推論ではありますが、このメカニズムの可能性は高いと考えます。

そして施術後にこの胸鎖乳突筋がリリースされ頚椎の状態がリセットされると

先ほどの上下に関節を潰している状態が解放されているのがわかると思います。

結果、椎体内圧が下がり、頭痛が治ったと思われます。

 

 

脳神経外科医の売野院長のご協力のもと、更に臨床を積み 社会現象と言っても過言ではない「ストレートネック」の メカニズムと改善方法を確立していこうと思っております。

 

ストレートネックは、胸鎖乳突筋が悪さをするケースが多い。

治すには、姿勢の改善と首のインナーマッスルの強化が重要である。

 

   
 

ストレートネック(SN)研究にご協力頂いている脳神経外科医の売野先生は

以前からSNにどうアプローチするか?模索されていたようです。

それだけ脳神経外科でレントゲンを撮るとSNが多いのです。そして

私と売野先生の考えが一致したからこそ、この研究は実現しました。

 

<< トップへ戻る

 

カイロプラクティックはじめての方へ カイロプラクティック治療の理念について カイロプラクティック患者様の声 アクセス マスコミ掲載

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

動画で紹介

料金について

よくある質問

アクセス

お問い合わせ

【知る】

KIZUカイロプラクティックとは

動画で紹介

院長より挨拶

 

【実績】

患者様の声

書籍の紹介

出版協力

取材協力

 

 

【グループ】

日本橋メイン

二子玉川

日本橋アネックス

 

 

 

フェイスブック

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-6第2中央ビル2F 03-3272-1939 月〜金 10:00〜20:00 土日 10:00〜17:00 祝日休診