激痛の為、身体が傾斜するほどの腰痛、足の痛み
38歳 女性


2年前にギックリ腰で歩行できなくなった。整形外科で椎間板ヘルニアと診断される。その後カイロプラクティック治療を受け改善していたが、転倒してしまい以前と同じ状態に戻ってしまった。仕事中座っていると痛みが強くなり、徐々に右足に強いシビレが出現してくる。また右腕にもシビレ有り、頭痛もある。


検査時、普通に立っている事が出来ず、痛みを避けるために右側に傾斜していた。以前の状態に戻った為、精神的にも落ち込んでいるのが顕著であった。右側硬膜の緊張が高く、その為の神経痛が強く出ていた。


硬膜の緊張を取るよう姿勢のバランスからアプローチ。2度の治療で痛みが改善し、身体の傾斜も治る。その後5回の治療で座っていても痛み出なくなったので長期出張を決行。

症例の検索
部位別ファイル検索
arrow 顎(あご) arrow 太腿、膝、足 arrow 頭 arrow 肩、肘、手 arrow 腰 arrow 骨盤 arrow 首 arrow 股関節 arrow 背中
arrow arrow arrow
arrow arrow arrow


日本橋メイン 日本橋メイン 日本橋メイン トップへ 臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 ページ上部へ