椎間板ヘルニア手術後の腰痛、足の痛み
45歳 男性


5年前に激しい腰痛と足のシビレを発症。整形外科で腰椎3番ー4番間椎間板ヘルニアと診断され椎間板ヘルニアの手術を受ける。術後、多少痛みがあったが我慢できる状態であった。2週間前より、朝起床時に痛みが出始め、歩行でも痛む。また座っていてから立つときに痛みが強くなる。


検査時、腰〜臀部〜右外側大腿のシビレがあり、知覚検査で右L4、S1で鈍化していた。加えて、腰部の前弯が減少し真っすぐになっていた。


治療は、手術の影響で可動域が減少し、腰椎が全体的にストレート化してきているので少しずつ胸椎下部と腰椎上部のカーブをつけていく様アプローチ。5回の治療で足の痛み、シビレは消失する。その後も徐々に身体の軸を改善させる治療をし、10回の治療で朝の痛みが軽くなり、通勤時も痛まなくなる。現在、体操と筋力強化のリハビリを行いつつ治療継続中。

症例の検索
部位別ファイル検索
arrow 顎(あご) arrow 太腿、膝、足 arrow 頭 arrow 肩、肘、手 arrow 腰 arrow 骨盤 arrow 首 arrow 股関節 arrow 背中
arrow arrow arrow
arrow arrow arrow


日本橋メイン 日本橋メイン 日本橋メイン トップへ 臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 ページ上部へ