めまいと吐き気を伴う慢性的な肩こり

5、6年前からの慢性的肩凝り、背中の痛み、腰の痛みに悩まされる。また肩凝りが悪化するとめまい、吐き気、頭痛が同時に起こる。加えて、理由がわからないが咳がとまらなくなる事が多い。胃のむかつきもある。座っているのがとにかくつらく、仰向けで寝る事ができない。


初回検査時、背中、腰の痛み強く、ちょっと触っただけでも痛みが強かった。姿勢が悪く、猫背がきつい為、一個所のバランスを改善するだけでは、他の部位が余計に痛くなるという事を繰り返していた。


全身のバランスをとる事を目標に頚椎、胸椎、腰椎のカーブを自然体に戻す治療する。始め触れるだけで痛かった背中が徐々に改善し5回の治療でほぼ症状は改善。また咳も徐々に治まる。経過観察しながら継続治療中。

症例の検索
部位別ファイル検索
arrow 顎(あご) arrow 太腿、膝、足 arrow 頭 arrow 肩、肘、手 arrow 腰 arrow 骨盤 arrow 首 arrow 股関節 arrow 背中
arrow arrow arrow
arrow arrow arrow


日本橋メイン 日本橋メイン 日本橋メイン トップへ 臨床ファイルトップにもどる 全ファイル一覧 ページ上部へ